自分勝手なエンタメ日記

ドラマ・映画・役者さん・音楽に関する独り言

📺政次の覚悟と愛

NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』は山場ですね。不条理なやり方で井伊谷が今川の手に渡ってしまった前回。
f:id:dramacinema:20170806225312j:image
直虎と政次は復活への道を模索していた。そんな中、今度は虎松の首をとれという氏真の命令。

f:id:dramacinema:20170806223106j:image

関口が井伊谷にいる限りは首を出さねばならない。危機を乗り越えるための時間稼ぎとして、政次は直虎を人質として軟禁する。

f:id:dramacinema:20170806225244j:image
敵を欺くために、恩義のある南渓和尚にも刃を向けなくてはならない。
f:id:dramacinema:20170806223658j:image

そして、地獄に落ちる覚悟をした。庶民の中で病にかかって余命幾ばくもない子どもを探しだし、親に銭を渡してその子どもを斬ったのだ。何も関係のない子どもの首を虎松の首の代わりに......。政次にとっては、井伊を守るためにはやむを得ない選択だった。

直虎や和尚たちが関口の前にある棺桶の中の首をあらためるように呼び出された。

子どもの首に化粧が施されていたことを指摘された政次は「寅松さまは疱瘡にかかっておられたので、お見苦しくないように化粧を施した」と申し開きをした。当時は疱瘡と言えば感染する難病だ。皆近寄ろうとしない。全てを悟った直虎は首を抱き泣きながら経を読んだ。「よくあんなことを」と驚く役人に「母ゆえ」と和尚が後押しする。そして経は大きくなるのだった。

泣きながら棺桶を埋める直虎に、頭は言う。「あの人は守りたかったから守ったのだ」と。そう、政次は井伊谷を守るため、直虎や寅松を守るために鬼になったのだ。

今川からの目付として井伊にいる小野家に生まれながら、おとわを幼い頃から愛し続けている政次の愛のかたち。切なく哀しい報われない愛。それでも無償の愛を直虎に井伊に注ぐ政次を私は最期まで見届けたい。 

📺涙の『ブランケットキャッツ』

重松清さんという作家さんは、なぜこうも淡々と人の心を震わせるのだろう。映像化された『とんび』『エイジ』『流星ワゴン』『あすなろ三三七拍子』『十字架』など、どれも心に残る。8月末には映画『幼な子われらに生まれ』も公開になる。

f:id:dramacinema:20170805210932j:image

さて、今日の午後、NHK金曜ドラマ『ブランケット・キャッツ』の最終2話をまとめて観た⬅偶然だが息子も一緒に。

生きる気力をなくし、死ぬまでにしたい10のことを始めた、たえ子(冨田靖子)。その中の1つ『猫を飼う』願いを叶えるために秀亮(西島秀俊)の元にやって来る。彼女はクロを選び、翌日にはクロと高級外車のレンタカーで伊豆の高級旅館に泊まりに行く。しかしその途中サービスエリアでトラックの荷台にこっそり乗り込み木更津にいる別れた母に会いに行く幼い兄妹と出会う。

その頃、秀亮は店にたえ子が忘れていった薬を見つける。何度電話しても出ないため、心配になり家を訪ねる。そこでたえ子が長年勤めている永島文具の社長夫婦に出会い、彼女の様子がおかしいことに気づく。

たえ子は子どもたちと高級旅館に泊まり、木更津に向かうが、赤い橋の近くに住んでいる母の名前しか手がかりがない。

クロの体調不良に気づいたたえ子。とある駐車場で秀亮に電話し来てもらうことに。そこで待っている間、妹とたえ子がトイレに行っている間に、兄はクロを草むらに隠すのだった。

みんなが戻り、秀亮と美咲(吉瀬美智子)が着くとクロがいない。兄は母には新しい家族がいて会ってはいけない事を知っていたので、クロがいなくなればクロを探して母を探さずにすむと考えたらしい。

無事クロは見つかり、たえ子は子どもたちを二人に託し車で去ってしまう。秀亮はたえ子を死なすまいと、入水自殺する寸前で助ける。

一連の流れの中で、秀亮も「生きる意味」について考えていた。妻を亡くして自分の生き方を後悔し仕事を辞め、妻が残した猫たちと共に家具屋で暮らす自分が、なぜ生きてこられたか。

「人は一人で生きているのではない。自分を大切に思ってくれる人たちのために生きる」

その時永島文具の社長夫妻が駆け付けた。幼い兄妹の元には父親と新しい母親が駆け付けた。無事でよかったと喜ぶのだった。

秀亮は自分の近くには美咲がいた事に気づいた。その事に感謝しつつ、相変わらずぶっきらぼうな態度の秀亮。でも一歩前に進んだ最終回だった。

久しぶりにじんわり涙が出る作品に出会い、心がすーっと洗われた気がした。こういう作品が好きだ。

そして、素晴らしいお芝居を見せてくれた冨田靖子さんに、西島さん✖猫のギャップの可愛さに拍手を送りたい。

📺金曜日は面白い!

今日は週末のおかげで少しゆっくりできて、TVを観ることができました🙌

昨日の『遺留捜査』録画 ➡今朝の『あさイチ~プレミアムトーク高橋一生』録画

f:id:dramacinema:20170805013706j:image

➡『ハロー張りネズミ
f:id:dramacinema:20170805013847j:image

➡『下北沢ダイハード』です!
f:id:dramacinema:20170805013820j:image

ハロー張りネズミ』は先週までの蘭子さんのお父さんがらみの事件から離れ、新たな依頼人が現れます。調べていくと心霊現象......ということで蒼井優ちゃん扮する霊能者と組んでの事件解決に挑むゴロー。3話までとは違ったテイストで新鮮!来週も続きます。

『下北沢ダイハード』は3話『夫が女装する女』という副題。野間口徹さんの女装が案外かわいくて驚き😱!しかも息子の恵太くんまで小学生の頃から女装趣味があったとは😱!まさかまさかの展開だったのに、なぜか温かい終わり方......スゴい。下北沢の重鎮・柄本明さんが自転車に乗っているだけのエンディングも味があります。

夏クールは思い入れが少ないのですが、金曜は豊作です!明日はブランケット・キャッツの録画を観ます!

📺続々離脱......💧

今週の『カンナさーん』は、ちょっとな~という展開。渡辺直美ちゃんの張り合ったり頑張ったりしてる姿が可愛いかったのだけど、度が過ぎるかな😢

f:id:dramacinema:20170803190416j:image

過保護のカホコ』は先週話題になっていたので1話ぶりに昨日観てみたのですが、やはりダメ。毒母に育てられトラウマをもつ私は黒木瞳に耐えられないっす😢

f:id:dramacinema:20170803190430j:image

毒母ってトラウマをもっている人にとっては、ドラマだけでも耐え難いのです。波留ちゃんと斉藤由貴さんの『お母さん娘をやめていいですか』も見ていられませんでした。
f:id:dramacinema:20170803190621j:image

束縛されるってすごく苦しいんです。顔色見て怒らせないように生活して、親の言うなりになって自分の気持ちを圧し殺すって惨めで怒りがわくことなんです。そんなことを思い出してしまいました。この手のテーマを扱うときは、細心の注意ときちんとした取材や事案を元に制作してほしいと強く望みます。

 

🎥The Limit of Sleeping Beauty

高橋一生、映画出演ビジュアル情報

ひとまず置いておきます。


桜井ユキ、高橋一生と美しすぎるラブシーン 覚悟をみせた初挑戦<THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY> - モデルプレス

📺息子と楽しむエンタメ🎥

深夜。夕飯後に家族で近くのプールに泳ぎに行き、帰宅してバタンキュー⤵⤵で爆睡し、今ごろ目覚めた唯です。

そんなわけで今日はドラマを観ていません。九歳息子が昨晩録画した『超絶 凄ワザ』をお昼に観ただけです。

最近の私は息子の好きな番組を一緒に観ることが増えました。

風林火山

ダーウィンが来た

『おんな城主直虎』

ワイルドライフ

『超絶 凄ワザ』

『人名探究バラエティ日本人のお名前』

『世界こんなところに日本人』

ブラタモリ

こんなラインナップ⬅九歳の好み?(笑)

コード・ブルー』は「母さんと観ようよ~」と誘って観ています。

息子は私のイセクラぶりに不快感を感じていて、アンチ高橋一生なのですが、大河ドラマ(2つとも高橋一生出演)は全く気にせず観ています。むしろ政次好き。

 

ここで白状しますが、我が子は今年から学校に普通には行っていません。具体的な理由はともかく、学校という枠が合わないのです。普通には......というのは、早朝と放課後は課題の受け渡しのために登校しているからで、昼間は親子で決めた時間割りで学習しています。

先程のテレビ番組のラインナップの通り、一般的な九歳とは興味関心が異なります。音楽も、井上陽水とジャズを好むという渋さ。今観たい映画は『関ヶ原
f:id:dramacinema:20170802024448j:image

私は自分の好みのものを自由に観ることが難しくなってストレスフルな時期もありました。でも今は九歳とエンタメを楽しもうかなと思っています。

📺金曜の朝イチ・ゲストは高橋一生

10月から朝ドラ『わろてんか』、そして主役の吹替をしている海外ドラマが放送される高橋一生NHK『朝イチ』プレミアムトークのゲストに出るには早いのでは......と思ったのだが、やはり理由は大河ドラマ『おんな城主直虎』で高橋扮する小野政次の退場の日が近いのだ。


『おんな城主 直虎』、「今年最もブレイクした俳優」高橋一生がついに退場間近? | ビジネスジャーナル

f:id:dramacinema:20170801081912j:image
延ばし延ばしになっている感もあった小野政次の退場=死もしくは直虎との別れ。切なさの表現が真骨頂の彼がどんな風に退場するのか注目である。