読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出のドラマ⑦

NHKBSプレミアム2013年

f:id:dramacinema:20170310091249j:image

原作 柴田よしき

出演 田中麗奈 山本耕史 桐谷健太

   国仲涼子 ともさかりえ 武田真治

   賀来千香子 田中美佐子 高橋一生

   カンニング竹山 二階堂智

              等(敬称略)

 今の私の言葉で言うなら、毎週「みぞみぞ」したドラマだ。

 

●あらすじ

中学の修学旅行で突然失踪した冬葉からメールがくる。「わたしを覚えていますか?」と。大人になり各々の生活を送っていた同じ修学旅行班だった仲間が再会する。それぞれの現在の生活が暴かれる度にメールが届く。そして失踪の真実を知ることになる。

●失踪の背景と真実がどろどろしすぎていて怖すぎる。冬葉は大人たちの愛と嫉妬と身勝手さの犠牲者だ。

高橋一生の芝居の凄さを改めて知った作品でもある。ここから本格的にファン熱が入ったと言ってもよい。

彼は公式のメインキャストに名を連ねていないが、このドラマの功労者だ。

ともさかりえの弟・研二の役。

時々仕事で上京し、姉の家に寄り、家事をしたり親との関係修復を促すよい弟として前半は描かれる。

しかし一連の出来事を起こしていたのは冬葉に憧れていた研二だったのだ。最終回の研二の告白の場面は圧巻である。高橋一生の怒りの爆発のさせ方が尋常じゃなく凄いのだ。

f:id:dramacinema:20170310100207j:image

最近新たに高橋一生ファンになった方、ビジュアルでなく、その芝居の凄さを見てほしい。