嘘の戦争

関テレ草なぎ剛主演ドラマ『嘘の戦争』最終回をリアタイで観た。

僕と彼女と彼女の生きる道』から彼のドラマを観ている。演じているようで演じていないところが不思議だった。

 

しかし『仁侠ヘルパー』の頃からか、彼の芝居に凄みと切なさとリアルさが出て、アイドルの草なぎ剛ではないと感じた。

 

今回の『嘘の戦争』はその境地だ。目から滲み出る怒り、悔しさ、悲しみが本物で、一ノ瀬浩一に他ならなかった。凄い役者だ。そして、こういう複雑な役が彼の真骨頂かと思う。

 

今後の活動が心配だが、役者としていいものを見せてほしいと願う。