不登校児の母による、自分勝手なエンタメ日記

ドラマ・映画・役者さん・音楽・不登校に関する独り言

思い出の映画⑤

1994年アメリカ制作

ショーシャンクの空に

原作 スティーブン・キング

   『刑務所のリタヘイワース』

出演 ティムロビンス

   モーガンフリーマン 等(敬称略)

f:id:dramacinema:20170317205627j:image

こちらは社会人になってから観た作品。長年の努力によって壁を掘り続けて脱獄に成功した主人公の意思の強さに驚愕したことを覚えている。

 

優秀な銀行員アンディが、妻とその不倫相手殺害の罪で逮捕される。無実を訴えたが終身刑を言い渡され、ショーシャンク刑務所で服役する。ここはノートン所長が絶対的権力をもち、賄賂が往来し、腐敗しきっていた。

 

アンディは調達屋レッドと親しくなる。レッドやトミーとの人間関係を通して、希望を捨てず刑務所での時間を過ごす。彼の有能さを知った刑務官たちは資産運用や納税書類の作成をアンディに頼むようになり、その噂を聞いたノートンは裏金の会計係をアンディに任せた。これを機に図書室の整備や囚人教育等を働きかけ実現させる。

しかし、仮釈放は叶わなかった。ノートンにとってアンディは手放せられない存在になっていたからだ。

入所した頃から聖書の中に小さなロックハンマーを隠し持ち、レッドから調達したポスターの裏の壁を掘り続けていたアンディ。とうとう脱獄への道が通った。

 

脱獄したアンディは、ノートンの裏金を全部引き出し、レッドに語っていた通り海辺の町で自由な生活を送っていた。40年の服役を経て仮出所をしたレッドはアンディを訪れた。50年の服役後に仮出所した仲間は自殺した。長年の服役の末に社会に放り出されても、時代は変わり適応できず生きる希望も手段もないのだ。そんな中、希望を失わず生き続けたアンディとレッド。彼らが得た自由に感動した。