読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精霊の守り人

第1シーズンからずっと観ている。

小説も知っている。

視聴率低迷などという記事が出ていることがあるが、それは物語を何度も確認するために録画している人が多いためかと推測する。もしくは、やや難解な物語を理解して楽しもうとする日本人が減ってきているからかもしれない。だとしたら悲しく、同時に日本は危機的であると言わざるを得ない。

 

さて、次週が最終回なので第2シーズンの感想は来週まとめたいと思う。

ただ、美術さんの手の込んだ仕事、映像の美しさ、光と影の見せ方は素晴らしいなぁと思う。

個人的には平幹二郎さんの遺作ということで名優を偲びつつ、まだあまりメジャーではないが存在感をもつ役者探しも楽しんでいる。

f:id:dramacinema:20170319014737j:image

f:id:dramacinema:20170319015339j:image

アクションの素晴らしさと、ジンという重要な役を担う松田悟志に注目している。