能町さんのブログを読んで

エンタメから逸れますが......

私は、はてなblogを始めるまで、Twitterを情報収集や情報発信の場として利用していた。呟きの垂れ流しがTwitter。人の名誉を傷つけなければ自由度の高いSNSである。

 

では、なぜTwitterをやめたのか......それを能町みね子さんのblogを読んで改めて考え直してみた。

〈リンク〉

北条かやの批判など - 能町みね子のふつうにっき


北条かやの批判など - 能町みね子のふつうにっき

 

Twitter上にもおかしな人がいた。何回か戦ったが、すべて自分を正当化し被害者意識を全面に出すにもかかわらず、丁寧な言葉のなかに攻撃性をはらんでいた。だんだん相手にする人が少なくなった。

彼女は、ご贔屓の役者さんのハッシュタグをつけて他のファンの批判を繰り返した。役者さんに迷惑をかける可能性があると思い丁重にやめていただきたいとお願いした。

彼女は私の批判を繰り返した。他のファンの人たちの事も批判しまくっていた。

批判された人たちは無視していた。関わらない方がいいと考える人が多かった。やめなよ、してること相手と同じだよと親しい仲間に言われた。

 

同じ?

どっちもどっちってこと?

違うでしょ? 

 

それが私がTwitterをやめた理由。

そもそも何を呟こうが自由なのだ。でも、誰かに迷惑をかけそうな呟きに対して、タグをつけて悪口を言うのはやめてもらえませんか?とお願いするのも自由のはず。言わなきゃいけないことだってあるんじゃないか?

 

だったら、誰とも交流するのはやめようと思った。だからブログにした。コメントもいらない。誰かがたまたま読んでくださって、うんうん。と思ったり、ちがうな。と思ったりするだけでいいと思った。私は私がしたいようにしたい。誰かに迷惑をかけない範囲で。それだけ。

 

私は能町さんのように、黙っていない人が好きだ。ぶれることなく、正しいと思うことをしている人が好きだ。