自分勝手なエンタメ日記

ドラマ・映画・役者さん・音楽に関する独り言

ハリソンフォードの作品③

1993年アメリカ制作

『逃亡者』“The Fugitive”

出演 ハリソンフォード

   トミーリージョーンズ 等(敬称略)
f:id:dramacinema:20170404013925j:image
医師である主人公リチャードキンブルが、妻殺しの罪で逮捕されるが、逃亡しながら真犯人を突き止めるサスペンスアクション。

 

帰宅すると瀕死の妻が倒れており、犯人と思われる片腕が義手の男を追い払ったが、警察に信じてもらえず逮捕。裁判でも有罪となってしまう。

刑務所へと護送される車で他の囚人が暴れ護送車が炎上。キンブルは逃亡し真犯人を自らの手で突き止めることにする。

逃亡者がいたことに気付いたジェラード保安官に追われながら、親友のニコルズの支援を受け、片腕が義手の男がサイクスという名だと知る。また、同じ病院の医師レンツも関わっていたこと、妻ではなく自分の命を狙われていたことを知る。

そして、レンツが研究していた新薬に重大な副作用があることをキンブル自身が指摘していたのだが、レンツの研究の検体がすり替えられていることに気づき、本当の黒幕はレンツの上司で親友のニコルズだとわかる。

キンブルにサイクスを襲わせ、ニコルズは新薬の発表に臨もうとしていた。一方キンブルには射殺命令が警察から出ていた。

キンブルは無事に真犯人の悪を暴くことができるのか?!

 

主役が失敗するわけがないのだが、成功にはジェラード保安官の力が大きい。彼がキンブルという人物にシンパシーを持ち想像力のある捜査官でなかったら、射殺されていたであろう。最後のシーンは見ごたえがあった。また、ハリソンがダムに飛び込むシーンは予告にも使われ印象的だった。
f:id:dramacinema:20170404021413j:image

ハリソンフォードはスター。予定調和で勝利を得たパトリオットゲームを見てダメかな?と思いながら映画館に行ったが、この作品は汗まみれの薄汚れた情けない主人公でよかったと感じた思い出がある。