不登校児の母による、自分勝手なエンタメ日記

ドラマ・映画・役者さん・音楽・不登校に関する独り言

母について

『母になる』

『お母さん娘をやめていいですか』

『mother』

海街diary

など、母と子にスポットを当てたドラマや映画を観ると考える。私自身も母なので、尚更『母』について考えてしまう。

私の周りの人たちは、『生き生きとした母』が多いように見える。お仕事をしている人もいればそうでない人もいるが、皆さんに共通しているのは、お化粧してそれなりのお洒落をして、ニコニコして社交的だということだ。

一方の私はお化粧もろくにしなければお洒落をする気力もない。我が子は学校が嫌いである。毎朝と毎晩が闘いだ。1月から何度学校に行っただろう。何度先生にお手紙を書いただろう。

私がイライラすれば、我が子もイライラする。喧嘩になる。当に映し鏡だ。私が変わったら我が子も変わるのだろうか?残念ながら映画にもドラマにも答えはない。でも考えるべきチャンスをくれる。

『mother』で満島ひかりが演じたような母になれたら、どんなにいいだろう。みんなあんな風に子供と接しているのかな?

監視しない

指示しない

怒らない

まずはこの3つを頑張ってみようか。

では、おやすみなさい。