不登校児の母による、自分勝手なエンタメ日記

ドラマ・映画・役者さん・音楽・不登校に関する独り言

役者☆高橋一生がやっぱり好きだ

元一生クラスタ(イセクラ)の唯でござる。

今日は辞めた事業所の引き払いでバタバタしていて、テレビすら見れぬ1日。

先程、高橋一生に関する記事を見つけたのでご紹介。「演技」という言葉が嫌いという彼の影響を受けて、唯のブログの中で「芝居」という言葉を多用していることにお気付きだろうか?


高橋一生が考える理想の俳優像 “何もしないこと”の大切さ「余計なものを捨てたい」 (オリコン) - Yahoo!ニュース

結局、私はイセクラをやめられずにいる。高橋一生は芝居の面白さや深さ、そして生きざまを見せてくれた役者だからである。

苦しかったこと、悔しかったこと、希望を持てずにいた時のこと、家族のこと......彼は今自身をさらけ出し、芝居の中で彼自身を見せようとしている......そんな気がする。
f:id:dramacinema:20170420013524j:image

3月のライオン後編』は今週土曜日公開。我が子と鑑賞予定である。楽しみだ。