不登校児の母による、自分勝手なエンタメ日記

ドラマ・映画・役者さん・音楽・不登校に関する独り言

おんな城主vsおんな大名

NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』

第15話

『おんな城主vsおんな大名』

日曜に録画しておいたものをやっと観ることができた。

今川からの下知に2度も従わなかったため、申し開きに駿府へ来いというお沙汰。

直親も申し開きに行く途中に今川の手の者にかけられて死んだ。つまり申し開きに行くということは命を落とす危険をはらんでいる行為である。

政次は直虎の命を危険にさらしたくなかったのだろうか。政次を幼い直政の後見にすると言えばいいと忠告した。

......とは言え、高橋一生扮する政次は苦虫を噛み潰したような顔ばかり。やはり小野のため?

f:id:dramacinema:20170421152229j:image

そして、申し開きに行く途中、案の定今川の手の者に襲われる直虎。潔山などの腕に覚えのある僧や家来を連れていたが、中野の直之が来なかったら危ないところであった。

f:id:dramacinema:20170421152256j:image

政次に後見を任せると告げて帰るふりをして、中野の直之の衣装を借り、駿府にたどり着き、今川の実権を握っている寿桂尼との目通りが叶う。

緊張感が漂う申し開きのはずなのだが、柴咲コウが演じるとちょっと軽い(笑)

浅岡ルリ子さんはさすがである。威厳ある芝居と存在感に圧倒された。

f:id:dramacinema:20170421152315j:image

六左衛門が馬で届けてくれた懇願書で民からの信頼の厚さを知らしめ、民を潤し井伊を潤すことは今川を潤すことだと言う直虎。才覚があり人を見る目のある寿桂尼は、直虎を面白いと思ったのだろう。直虎を城主として認めたという回であった。

人情味に溢れ感動的。しかもテンポがいい。そこが今までにはあまりない、今回の大河ドラマの良さなのかもしれない。