読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高橋一生出演作品紹介⑤

5回目は個性的なキャラクター編。

 

1998NHK『少年たち』杉田耕一役

 地元の暴走族のリーダー。家庭環境が悪く、大人に対する反抗心が強い。主演の上川隆也さん扮する家庭裁判所調査官の広川に諭され、次第に心を開いていく。上の写真の目付きと下の写真の表情では全く別人のよう。憑き物がとれた感じに見える。若くして巧みと言われる所以はここにあると私は思う。

f:id:dramacinema:20170503021227j:image

 1999TBSコワイ童話『おやゆび姫』君島祐一役

主人公が恋心を寄せる同級生役。薬によってちっちゃくなっちゃった~。

スプーンに乗ったりカップの中でお風呂に入るいっちゃんが可愛らしい。
f:id:dramacinema:20170430001640j:image

2003映画『キル・ビル vol.1

                                    クレイジー88構成員役

もうね、何だかよくわからないけど卑猥なことを言ったりしたりハジケまくり。
f:id:dramacinema:20170429235226j:image

 2000/2003TBS

池袋ウエストゲートパーク森永和範役

元祖引きこもり役。この役の印象が強くて、しばらく、引きこもり役や殺人犯役など暗い役ばかりオファーが来たという、高橋一生の暗黒時代の幕開けの作品でもある。しかし、芝居は素晴らしく巧かったと私は思う。
f:id:dramacinema:20170429235237j:image

 

2005テレビ朝日『相棒4』『相棒5』

             安斉直太郎役
season4では2話に渡り出演。

安斉は精神科医内田美咲の助手。小日向文世扮する連続殺人犯に心酔し、内面に潜んでいた欲望が噴出し、三件の犯行に及ぶ。女性をナイフで殺した後、ピアスを戦利品として取る際のイカれてしまっている表情がすごい。

f:id:dramacinema:20170503020816j:image

season5では被害者の父親に殺されてしまう。それも本望だというような穏やかな死に顔であった。

2006『LOVE HOTELS』春樹役

主演の女優さんが好きではなく、未視聴部分がある。しかし年上女性に誘惑されておどおどする高橋一生の可愛いことったら!
f:id:dramacinema:20170430001514j:image

 2006『LOVE MY LIFE』たけちゃん役

なんとゲイの役。でも爽やかで優しくて、こんな友だち欲しいなぁって思うような役。
f:id:dramacinema:20170430001524j:image

 2011テレビ朝日『11人もいる』外山謙介役

 メグミ(広末涼子)をトラックでひいてしまった犯人。オバケのメグミが刑務所に現れてすっかり心を開き、メグミに会いたいばかりにわざと喧嘩をして独居房に入り、出所が遅れた。お化けのメグミの事を忘れられず離婚して訊ねてきたという変わり者。
f:id:dramacinema:20170503022816j:image

 

2012テレビ朝日『妄想捜査~桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』山内康夫役

吉田鋼太郎扮する心理学部教授の助手。密室監禁で最後まで生き残れるのは誰か?というサブタイトルの回。密室を作り、ミステリー研究会のジンジン(桜庭ななみ)を監禁する。たしか最後には教授まで監禁した記憶が......。狂気じみた薄暗い役という記憶。

f:id:dramacinema:20170503024348j:image

 

 その他にも、ブレイク後には、

世にも奇妙な物語『クイズのおっさん』古賀三郎役、となりのシムラでのコント、映画『シン・ゴジラ』の安田役など。

様々な個性的なキャラクターになりきってしまう高橋一生。やはりすごい役者だ。