読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

📺ポッポちゃんと温かい人々

金曜夜10時は2つドラマがある。個人的にNHK金曜ドラマ10の方が好きだ。

f:id:dramacinema:20170513025716j:image

それは『温かみ』だろう。人情だとか思いやりとか、そういうことが恩着せがましくなくて自然なのだ。

厳格な祖母(倍賞美津子)の元を飛び出し、祖母の死を機に鎌倉に戻り祖母の家業を継ぐことになった鳩子=ポッポちゃん(多部未華子)。

f:id:dramacinema:20170513031055j:image

お隣のバーバラ夫人(江波杏子)はよき理解者であり助言者だ。それも嫌みではなくさりげない。タイプの違う同世代のパンティーさん(片瀬那奈)。近くのレストランの親子(上地雄輔とちせちゃん)。優しく気遣ってくれる観光案内の白川さん(高橋克典)とその母。ご近所の親切な魚屋のおばちゃん(大島蓉子)。そして男爵と呼ばれる謎の老紳士(奥田瑛二)⬅多分正体を明かさない鎌倉在住の文筆家であると予想。みんながポッポちゃんの代筆業を応援してくれている。

f:id:dramacinema:20170513031112j:image

今回はお姑めさんの還暦祝いのカードの代筆。「字が汚いのは心が汚いからだ」と言われてペン習字のテキストを送られ泣いた過去をもつ嫁。悔いているけど伝えられない。そんな二人を近づけたカード。ステキです。感動しました。