自分勝手なエンタメ日記

ドラマ・映画・役者さん・音楽に関する独り言

🎥『天空の蜂』🎬

2015年公開
f:id:dramacinema:20170525202300j:image

監督 堤幸彦

原作 東野圭吾(1995)

出演 江口洋介 本木雅弘 仲間由紀恵

   綾野剛 國村隼 柄本明 光石研

   石橋蓮司 佐藤二朗 竹中直人

   松田悟志 永瀬たすく やべきょうすけ

   落合モトキ 向井理 他(敬称略)

f:id:dramacinema:20170525202320j:image

映画化されたのが原作が書かれてから20年。東野圭吾の未来予測力に脱帽だ。まさに自分に関係のないことには無関心で都合の悪いことは怒ったり隠したり。そんな世知辛い世の中になっている。

映画も、社会の矛盾や日本人の無関心さにクローズアップしている。

原発のことも、這いつくばって汚染水を拭き取る作業をしていた底辺の若者が白血病で亡くなっても労災にならなかったり、電気に頼った生活をしているくせに原発反対と言ってみたり、都会で必要な電力を田舎で発電しようとしたり......

自衛隊の件も、必要なのに必要じゃないと言われたり、都合のよいときだけ引っ張り出されたり......

自分さえ都合がよければ、関係なければ、正しかろうが間違っていようがどうでもいいと考えている一般市民。一般市民に目覚められたら困るから気づかれないように批判されないように市民を騙す国家。

最後、三川のパソコンのメッセージが送信されなかったことが悔しい。モヤモヤが残るなぁ。
f:id:dramacinema:20170526001258j:image

さて、役者陣では、綾野剛がやはり光っていた。彼もまた原発関連の病で死を目前にしていてこの国を恨んでいる形相が凄みを帯びていた。國村隼も保身ばかりの上層部の電話を投げ付けたシーンは怒りを露にしており印象的だ。あとは、やべきょうすけ・松田悟志・永瀬たすくら航空自衛官の命がけの任務に立ち向かう目力が素晴らしかった。