自分勝手なエンタメ日記

ドラマ・映画・役者さん・音楽に関する独り言

🎥公開中止をめぐって

小出恵介の不祥事でドラマ放送中止…フィフィがツイッターで独自の見解を披露(スポーツ報知) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170609-00000084-sph-ent

 

私もフィフィさんの意見に基本的に賛成だ。小出が出演しているというだけで良い作品を埋もれさせる必要はないと思う。

確かに、彼がしたことは道徳的ではない。確かに批判されるべき行為だ。明らかにならないだけで同様の行為をしている人は世の中に多かれ少なかれいるだろう。

彼が有名人だから大きなニュースになるわけで、刑事事件になるかはまだ調査中案件だ。

また、相手の方を悪く言いたくないが、未成年の深夜外出は保護者の監督不行届でもある。ネットで自らその日のことを投稿しているのもまた不可解である。

 

既に公開している作品は、刑事事件になったら取り止めるのでもよいのではないか。例えば、『愚行録』のような良い作品の上映を待ち望んでいた地方の人々が、この件で鑑賞できなくなる無念を考えると心が痛む。病気などの事情があって映画館で観れず、レンタルを待っている人もいるはずだ。

 

これは、小出のファンだったからではなく、ドラマや映画の鑑賞を趣味にするひとりとしての意見である。

そして、作品づくりに関わっている方々、ロケなどに協力してくださった方々、いろんな人々の思いを考えると悲しい。

 

大事なことなので今一度まとめる。

既に公開している作品については、事の次第を見極めてから上映中止にするかどうかを考えていただきたい。

未公開作品については、事の次第がはっきりするまで控えるべきだと思うが、刑事事件にならないことが明らかになった場合、公開を検討していただきたい。

心からそう願う。