📺『人は見た目が100パーセント』

フジテレビ木曜ドラマ、最終回を観た。
f:id:dramacinema:20170617090312j:image

榊が「ありのままを受け入れる」というキレイな言葉で複数の女性と付き合っていることを城之内は仲間に告白。そして忠告される。それでも榊と一緒にいたいと言う城之内。「誰にも私の気持ちなんてわかりません!」なんて言っちゃって、ギクシャクしだす三人組。

会社のパーティーに出席するための準備の方法も違う。いままで通り、ビューティー研究に励む二人。ハイヒール👠に香水に......。

一方の城之内は榊の言うがまま。服選びの最中に榊のところに他の女性から電話がかかってきて、恋敵が具合が悪いと聞けば「いってあげてください」なんて無理をする。嫌われたくないのと榊を困らせたくないのと根っからが優しいからなんだろうけど......。
f:id:dramacinema:20170617090749j:image

さて、パーティーで憧れの上司を始め多くの人に装いを誉められる城之内。質問されて「頂き物なので」と言うと「まっそんなことだろうと思ったわ」とバッサリ!そして仲間の装いについて「あれでもお洒落してきたつもりなのかしらね」と辛辣な言葉を投げられ、思わず質問する。

「どうしたらキレイになれるんですか?」

「もう答えはわかってるんでしょ」

f:id:dramacinema:20170617091850j:image

 榊と付き合うことをやめ、別れを告げた後、ラボに戻って二人に打ち明け、みんなで悲しみを共有し頑張りを認めあう。

研究してきたファンデーションの発売日、3人とも以前より美しくなっている。店頭に並ぶファンデーションを見て戻るなりビューティー研究スタート......というラストだった。

 

榊と城之内が付き合いだしてからの話が雑で尻すぼみだったなぁ......とは思うが、最後まで視聴を継続できたのは、鈴木浩介さんの芝居によるところが大きい。
f:id:dramacinema:20170617092804j:image

アドリブ満載で、ビジュアルでもユニークな髪型で笑いを誘う素晴らしいMr.国木田。本当はすごーく二枚目なのに。

あとは、不器用ながら頑張っている姿が微笑ましく可愛かったからかな。

仕事でも会社に貢献できるようになって、生き生きとしている姿もよかった。

結局『頑張っている人は美しくてカッコいい』のだってのが主題だったのかな?