自分勝手なエンタメ日記

ドラマ・映画・役者さん・音楽に関する独り言

📺キャスティングとジャニーズ

私はジャニーズは嫌いではありません。よい芝居をする人もたくさんいます。草なぎくん、風間くん、斗真くん、長瀬くん、安田くん......などなど。

 

しかし芝居は然程でないのに主演......

イメージと役が合わないキャスティング......

そういう事が多くあるのも事実だと思っています。


f:id:dramacinema:20170716025744j:image
 草なぎくんも初めの『いい人』はひどかった(笑) でも、努力したのでしょう。次の『僕と彼女と、彼女の生きる道』では、家庭を省みない非常な銀行員を怖いくらいに演じ、少しずつ父親になっていく過程が素晴らしかったです。最大のターニングポイントは『任侠ヘルパー』だと私は思うのですが、あれで本物の役者になったなぁっと。スゴミを感じさせる役者さんになりました。


f:id:dramacinema:20170716025913j:image

長瀬くんは『白線ながし』の頃から巧かったです。伝説の『IWGP』や『タイガー&ドラゴン』『泣くなハラちゃん』など素晴らしい作品ばかり!


f:id:dramacinema:20170716031300j:image

関ジャニ安田くんは独自路線。橋田ファミリー、夜光観覧車、今回の舞台など、芝居に真摯に向き合っている姿に好感がもてます。

 

f:id:dramacinema:20170716030021j:image

1リットルの涙』で彗星のように現れた錦戸くんの芝居はとてもよかったです。名作ですね。『ラストフレンズ』の時はストーカーを怪演しました。しかしその後はどうでしょう?今回の『うちの夫は仕事ができない』も残念な感じ。結婚して子どもが生まれるような年齢ですが、彼のイメージがそれに合わないのです。冠番組のなかで見せるチャラいイメージや関ジャニの中での立ち位置としても、丸山くんの方が適任なのではないかと(笑)


f:id:dramacinema:20170716031114j:image

さらに、東山さんの『刑事七人』がシリーズ化しましたが、私は最初のシーズンからイマイチだと感じています。『大岡越前』『必殺』『⭕⭕妻』ではよい芝居だったのになぁ。

 

面白い作品を視聴者に届けスポンサーさんに満足してもらうのが仕事なのですから、しがらみや順番とかでキャスティングするのは止めてほしいと願います。

そしてジャニーズの皆さん、昔木村くんが言っていました。自分達はいろんな事をやっていて、その道だけをやっているプロの役者ではない。だから、他の役者さんたちの倍以上努力して必死にやらなきゃって。

そういう姿を見せてきてくれたSMAPというシンボルがいなくなって、夏クールのジャニーズのドラマを見ていると、心配になってきたので、敢えて苦言です。