自分勝手なエンタメ日記

ドラマ・映画・役者さん・音楽に関する独り言

📺『コード・ブルー』命と向き合う

フジテレビ月曜9時

コード・ブルー』第3話

九歳の息子と観ているドラマ。夏休みだもん、命の尊さを感じてほしいから、一緒にリアルタイムで見ています。

今日は命に対する様々な向き合い方が出てきました。

研究一筋で争いに敗れシアン化化合物を飲んで生きることを辞めようとした研究者。

その人を救うためにドクターヘリで治療中に巻き込まれた医師と妊婦のナース。

f:id:dramacinema:20170731234721j:image

渓流で魚釣りをしていて怪我をした料理人。

生きるために手術を受けなくてはならないと理解しながら、ピアノが弾けなくなることが怖くて決心できない少女。

重い心臓病のためにドナーが間に合わなければ生きていられない少年。

そして、大切に人に生きていてほしいと願う人々。
f:id:dramacinema:20170731234733j:image
ゲスト出演者の丸山智己さんが有名料理人として登場し、その強い精神力と生きることへの前向きさを、爽やかにシンプルに表現していてよいお芝居だと思いました。

藤川の冴島に対する思いの強さも伝わりましたし、成田凌くん演じるフェローの心の動きも頑張りたいという気持ちもよく伝わりました。

生きることを辞めようとした人が助かる皮肉さも、4話以降、生き延びたい人々、大切な人に生きていてほしいと願う人々の気持ちと対比されるのでしょう。ますますシビアに命と向き合っていかねばならない人たちを応援せずにはいられません。

同じ視聴者として、息子にも命について考えてもらえたら......と願います。