不登校児の母による、自分勝手なエンタメ日記

ドラマ・映画・役者さん・音楽・不登校に関する独り言

エンタメ➡9歳との昼の会話

またまたエンタメから離れます。

先ほど昼御飯を食べながら、9歳がこんなことを話したのです。

「前の担任に呼び出されたことがあったのを思い出しちゃって今日は気持ちが重いんだよね」

「いつの話?」

「11月頃かな。3回くらい」

「で、何言われたの?」

「悪口言われたくらいでそんなに怒らなくてもいいだろって。オレ、あんまりにも言われるから叩いたんだよね。そしたら乱暴だとか言われてさ」

「悪口を言った子達には先生は指導しなかったの?」

「みんなに悪口はやめようねって言っただけ」

「言った子達を呼び出して一人ひとりには注意しなかったの?」

「あの面倒くさがりの担任がするわけないじゃん。してたらこんなことにならなかったわ。しまいは、自分も昔言われたけど悪口なんてたいしたことないから我慢したとか言ってさ」

「そっか」

「だから悪口言われたくらいで怒るなって。我慢しろって言うんさ。やられたらやられっぱなしでいるなんてできるわけないじゃん」

「思い出してモヤモヤするなら、作文帳に書きなぐってスッキリしたら?」

「だね。作文は土日の宿題だしね」

......ということで、1時半ごろからひたすら書いてます。そんなにたくさん嫌なこと思い出していたのかな?1つ思い出すと芋づる式に出てくるのかな?何はともあれ、怒りを放出にして心が穏やかになるといいな......🍀

ちなみに『ハドソン川の奇跡』は途中でストップ。時系列に沿ってちゃんと理解したいからもう一度見るんだって⬅わかんなくなったんだろうけど、そう言わないところが意地っ張りだな(笑)

読んでくださった皆さん、有難うございます。